暮らしためになるNavi cnzszh.com

暮らしためになるNavi


cnzszh.com
トップ

What's New

運営者情報

パレスチナ少年は報復で殺された

イスラエルの少年3人が遺体で発見されたことによるお互いの負の連鎖がこの報復合戦につながる可能性が高いです。パレスチナ少年は生きたまま焼かれたのではと考えられています。イスラエルとしては先に殺したのはパレスチナ側という言い方をしていますが、ハマスは犯行を否定しています。まだ子供である少年を焼き殺すのはどんなことがあっても許されるものではないです。お互いの妥協点を見いだして第三国の仲介も視野に、パレスチナ少年の死を無駄にしないようにするためにも平和を目指すことが大事だと思います。

中国、LINE遮断か=1日つながらず

中国でLINEが一日中繋がらない事件が起こりました。最近、中国人によるLINE乗っ取りや詐欺が相次いでいるので懸念されていた問題でしたが、まさかLINE遮断、つながらずという状況に至ってしまうとは考えも及ばず、国内でも騒然となっています。LINE遮断の要因として、日本人が詐欺対策に天安門事件というフレーズを入力したことで、共産党が乗っとり対策との名目で情報の遮断に乗り出した事が伺えます。中国共産党は情報の遮断ニヤッ気になっており、LINEもその関係だと言われています。

アルプス電気会長の軽率な侵略否定発言

アルプス電気会長が広東省東莞市で会議中に侵略否定発言を行ったという。これにより、現地の中国工員に囲まれるという事態になったそうだ。侵略の有無や正当性について、日本がいくら正当だと言おうと、中国にしてみれば不当なのである。そのような背景を持つ日本と中国であるが経済的な面では協力的で、多くの日本企業が工場を建て、現地人を雇い協力体制を築いてきた。アルプス電気会長は些か軽率であったといえるし、中国工員も簡単に暴動という手段に出るようでは、まだまだ日中の親交は完全とは言えないだろう。